総務大臣談話

日本の三大キャリアが37年に亙り寡占化してきた通信費用の負担について、6ヶ国(日本、アメリカ、英国、フランス、ドイツ、韓国)の主要都市を調査した結果日本はアメリカ・ニューヨークに次ぐ高水準だった。 これを踏まえて大幅な引き下げの可能性を示唆

競争原理が働く市場を

武田大臣は、中途解約金(9,500円)廃止が2019年秋の電気通信事業法改正 以降に新規契約したユーザーにしか適用されておらず、それ以前からの契約者 には中途解約金の負担が残っている、と指摘し「そんなのってあり得ますか?」 と語気を強めました.

実態を隠している三大キャリア

武田大臣は、そして「本当の実態を隠して、表のきれい事ばかりで」 国民を欺いている」 「ほとんどの方が恩恵にあずかれない制度は全く改革になっていない」 と大手キャリアの姿勢を強い口調で批判しています。

スマホ料金6カ国調査

総務省6カ国主都市調査の結果、スマホ料金大幅引き下げの可能性を示唆

Showreel

“Best Film”
Winner

“New Film Festival”
Winner

“Best Short”
Winner