通信革命(スマホマイスター検定)

通信革命(スマホマイスター検定)
今や、スマホの料金は、電気、水道、ガスと並ぶ四番目の大きなインフラです。
家族で4台のスマホを使っているなら、毎月4万円、年間48万円、
30年だと1440万円を払い続けるのです。

通信革命(スマホマイスター検定)
四番目の大きなインフラと言っても最大の利権で18兆円もあるのです。
1%でも、1800億円もの巨大な利権です。
この巨大な市場に参入出来る資格が「スマホマイスター資格」です。
今なら、受講料3,000円、講習時間約3時間で「スマホマイスター資格」が得られるのです。

通信革命(スマホマイスター検定)
今まで、大手三社(docomo,au,SoftBank)しかできなかったスマホの取次業務が、個人で出来る素晴らしいチャンス

通信革命(スマホマイスター検定)
中には、開業権利金4,000,000円を必要とするシステムもある中で
受講料3,000円、講習時間約3時間で「スマホマイスター資格」が得られ
開業出来るのです。

通信革命(スマホマイスター検定)
今や、スマホは、誰にとっても離せない重要なものになりました。
辞めることはできないインフラなのです。

通信革命(スマホマイスター検定)

今まで、役人天下りの三社が利権を思うがままに操り高額な通信費を国民に負担させて来たのです。
菅総理に時にそれを指摘されて、総務省主導で改革が始まったのです。
それでも、SIIMロックのかかっていないスマホが発売されたのは昨年の10月です。
それまでのスマホは他社に変わられないようにSIMロックという世界では日本だけの手法で顧客の囲い込みをして高額な通信費を搾取してきたのです。

通信革命(スマホマイスター検定)
SIMロックを外すのに3,300円も取られましたが、今は他の方のSIMロックを解除するのは誰でもできることも覚えて喜んでいただいています。
通信費はスマホ1台当たり12,000円程度になっていたのです。
夫婦で毎月24,000円前後を支払ってきました。

通信革命(スマホマイスター検定)
今は11,000円くらいになりました。
それだけでも、年間156,000円の節減ができています。
ご自分も学ばれて、これから始まるガラケー廃止に伴う多くの方に貢献できるのです。
おまけに、ドコモショップ600店閉店は「スマホ難民」を作り出し、他に代われないようにする酷い作戦です。
高いスマホ料金を継続して払わせる手段です。
大手三社は隠れ蓑に子会社を作り安くなるよと宣伝していますが、相変わらずの複雑な料金体系です。
一見して安く見えますが、ギガ数が増えれば以前より高くなります。

通信革命(スマホマイスター検定)

電話番号も変わらず、データもそのまま引き継ぎます。
毎月の通信費を引き下げることが可能です。
さらに、紹介をされれば、一件当たり「6,800円」の報酬が得られます

通信革命(スマホマイスター検定)

通信革命(スマホマイスター検定)
わずか3,000円で「スマホマイスター検定」
を受講されては如何です?という提案です。

通信革命(スマホマイスター検定)

通信革命(スマホマイスター検定)

通信革命(スマホマイスター検定)

通信革命(スマホマイスター検定)

通信革命(スマホマイスター検定)

通信革命(スマホマイスター検定)

通信革命(スマホマイスター検定)

通信革命(スマホマイスター検定)

通信革命(スマホマイスター検定)

通信革命(スマホマイスター検定)

通信革命(スマホマイスター検定)

通信革命(スマホマイスター検定)

通信革命(スマホマイスター検定)

スマホマイスター

今まで、役人天下りの三社が利権を思うがままに操り高額な通信費を国民に負担させて来たのです。
菅総理に時にそれを指摘されて、総務省主導で改革が始まったのです。
それでも、SIIMロックのかかっていないスマホが発売されたのは昨年の10月です。
それまでのスマホは他社に変わられないようにSIMロックという世界では日本だけの手法で顧客の囲い込みをして高額な通信費を搾取してきたのです。
SIMロックを外すのに3,300円も取られましたが、今は他の方のSIMロックを解除するのは誰でもできることも覚えて喜んでいただいています。
恐らくスマホ1台当たり12,000円程度になっていると思われます。
夫婦で毎月24,000円前後を支払ってきました。
今は11,000円くらいに なりました。
それだけでも、年間156,000円の節減ができています。
ご自分も学ばれて、これから始まるガラケー廃止に伴う多くの方に貢献できるのです。
大手三社は隠れ蓑に子会社を作り安くなるよと宣伝していますが、相変わらずの複雑な料金体系です。
わずか3000円で「スマホマイスター検定」 を受講されては如何です?という提案です。

Our Services

★トレンドの理由★
★1:乗り換え違約金廃止決定
 ソフトバンク 2022年2月
 KDDIは2021年内
 ドコモは既に廃止済
★2:Gガラケー廃止に伴う全ガラケー約7,000万台流入市場!
★3:全国民が持っているスマホが対象、携帯代問題
★4:トータル一億七千万台の契約数市場
★5:貴方の大切な人の携帯代を安くしてあげる事ができる
★6:5G移行★市場拡大!!!
★8:SIMロック解除!!!v ★9:MVPOの推進!!!
★総務省★後押し★
★【キャリアにお金を貢ぎ続ける人生】
平均して毎月12,000円携帯料金を支払う人が、生涯で携帯料金に使うお金はどれくらいになるでしょうか??
月に1万2,000円支払うので、年間では14.4万円です。v では、生涯ではどれくらいの期間、携帯を使うことになるのか考えてみましょう。
先ほども言った通り、スマートフォンは、今では日本人にとって生活インフラとなり、最近では小学生や中学生でもスマホを持っている時代です。
ここでは平均して中学生になる13歳から持ち始めるとしましょう。
男性の平均寿命が82歳、女性が87歳といわれているので、70年近く携帯料金を支払い続けることになるのです。v つまり、14.4万円×70年で1,008万円もの大金を、私たちは生涯でキャリアに貢ぎ続けるのです。
そして、だれでも、この出費を【0円】にすることができます。v 出費が【0円】に押さえれるということは、あなたの使えるお金が1,000万円増える、ということでもあります。